カウンセリングにより一人一人に合った漢方薬を選ぶから安心です。 福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂 【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

海外の不妊治療から思う事

こんにちは(*^_^*)

今年のはじめに海外から帰国されたばかりの方が

不妊症相談に来られました。

30代後半に海外で不妊治療をされ、

第一子を出産されました。

海外にいらっしゃる時から漢方薬を服用したいと

思っていたそうです。

現在は40代で第二子希望です。

海外でも不妊治療をされていました。

そのお客様は第一子を妊娠された時は

30代後半という事もあり日本ではまだまだ

一般的ではありませんが、

胎児診断を受けられたそうです。
そして、

倫理的な問題で日本産婦人科学会では

禁止されている

着床前診断も、高齢という事もあり、

当然のようにされたそうです。

国が変わると

こんなにも治療や診断のスタンダードが変わるんですね。
ひとつ興味深いお話は

着床前診断で

染色体異常と思われる胚であっても移植を行うと

流産せず、出産し

健常な赤ちゃんを出産される事もあるそうです。

(染色体異常の受精卵の流産率が100%ではなく

97%以上という事を考えればもっともなことですが。)

そのために染色体異常と思われる受精卵を

流産の率は高いけれども

御夫婦がよく考え納得された場合は

移植をするケースもあるそうです。

日本ではもともと禁止されていることなので、

できない前提ですが、

できるとなれば、

いろいろなケースがあるという事ですね。

 

001ELLY18412_TP_V

 

 

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。

《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くD乗り場
64・66・67番系統