カウンセリングにより一人一人に合った漢方薬を選ぶから安心です。 福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂 【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

自律神経

自律神経とは・・・

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの働きがあります。
それぞれの神経がバランス良く働き、私たちの体を健康的に保ってくれています。

ところが、精神的なストレスが続いたり、環境の変化など、知らず知らず積み重なって症状が出ることが多いようです。

《例えばこんなことはありませんか?》

check ストレスを抱えている(家庭・社会、環境の変化、肉体的、精神的)

check 不規則な生活が続く

check 食生活の乱れ

check 体質の変化やホルモンバランスの乱れ(女性はホルモンバランスは変化しやすいと言えます)

上記以外にも、遺伝的な体質も関わります。

検査をしても異常がなく、慢性的に様々な症状が続くため、憂うつになったり不安になることが多い。外見では健康な人との区別が付きにくく、他人に理解してもらえなかったり、健康だった頃の自分との落差に悩まれる方も多くいます。

《症状としてこんなお悩みはありませんか?》

check 目まいやふらつき、フワフワしてめまいがする。

check 漠然とした不安感が続く。

check 寝つきが悪く、いつも睡眠不足な気がする。

check 検査をしたが異常はなかった。

check だるくなったり、疲れやすいく元気が出ない。

check 食欲がなく、いつも胃腸の調子が悪い気がする。

check 頭痛がひどく、イライラする時がある。

check 動悸や息切れで苦しくなる時がある。

以上のお悩みの他にも、一人一人原因も症状も違います。
漢方では、自律神経の働きを調節する作用、脳内の神経伝達を活発にする働きの生薬などを使い、心を含む全身に働きかけますので、様々な症状の方でも適したものをお選びできます。

《自律神経失調症のタイプ》

自律神経失調症やうつのご相談は以前は女性の方が多かったのですが、最近は仕事での身体的、精神的ストレスからか男性の方がむしろ多いように思います。
真面目な方ほど、会社でも、家庭でも弱音を吐けず一人で頑張りすぎて、心と身体に負担がきているのかもしれません 。
症状は様々ですが漢方的、中医学的に分類すると、

肝気鬱血タイプ

憂うつ、抑うつ、イライラ、くよくよ、月経不順、など
【漢方薬】加味逍遥散、四逆散

気滞痰鬱タイプ

咽喉部の梗塞感や痞え、咳払い、焦燥感、
【漢方薬】半夏厚朴湯、竹茹温胆湯

心脾両虚タイプ

動悸、不安感、不眠、驚きやすい、倦怠感、夢が多い、胃腸障害
【漢方薬】酸棗仁湯、帰脾湯

陰虚火旺タイプ

めまい、イライラ、のぼせ、耳鳴り、腰痛、更年期障害に伴う鬱症状
【漢方薬】六味地黄丸、天王補心丹

この様にタイプによって適応する処方が違ってきます。
自律神経失調症やうつでお悩みの方は一人で悩まずお気軽にご相談ください。

自律神経体験談はこちら

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。

《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くD乗り場
64・66・67番系統