カウンセリングにより一人一人に合った漢方薬を選ぶから安心です。 福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂 【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

アトピー

アトピーの原因は免疫細胞「T2細胞」

アトピー性皮膚炎は「アレルゲンや刺激によりかゆみを生じ、そのかゆみによって皮膚をかき壊し、その皮膚の角質が壊れることによってアレルゲンを再び生むことになり…」といった「かゆみの悪循環」が原因で完治が難しいと言われています。この悪循環を改善して悪循環を絶つことによって健康な皮膚の再生を促します。
アトピーになる人には、健康体の人との「T細胞」の働きが違うことから起こります。

本来、体に侵入したウイルスを排除する働きをT細胞は持っています。
健康体ではT1細胞、アトピー体ではT2細胞が多いとされています。

T1細胞の働き・・・細菌・ウイルスなどの異物を攻撃・破壊して感染を防御する「一過性の反応」。
T2細胞の働き・・・カビ・ダニなどに反応し、他の細胞(B細胞)にIgE抗体を作らせる「抗原抗体反応」。

T2細胞が多い状態では外的の侵入に対して抗体を作ることによって対抗しますが、その抗体を作る働きで皮膚が強い炎症状態を示します。そこでT1細胞を増加させることによって健康体に戻し、炎症を過剰に起こさないようにする「免疫正常化治療」が有効とされています。

そのT1細胞を増やすためには菌類の摂取が不可欠で、菌類によって幼弱T細胞をT1細胞に変換するようにします。ここで言う菌類とはヨーグルトに含まれる乳酸菌・納豆に含まれる納豆菌・きのこに含まれる担子菌などがあります。

漢方薬では、サンシシやキハダなどを合わせることによりT1細胞を増やす効果がありますので、体質改善を目標とした漢方薬との併用が有効です。
また、漢方薬は炎症が強く、熱がある場合は熱を下げ、水疱がある場合はその水分を取りのぞき、乾燥していれば潤す…と言った具合に皮膚の状態に合わせてお選びできます。あきらめずにご相談下さい。

アトピー体験談はこちら

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。

《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くD乗り場
64・66・67番系統