福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

頭痛の漢方薬は様々

こんにちは(*^^*)

ご相談の中で、意外と多いのが

頭痛の漢方相談です。

主訴が頭痛の方や

他のご相談(自律神経失調症、メニエル、高血圧)で頭痛もある方などを含めると

かなりの割合になるのではないでしょうか。

一般的に頭痛を分類すると、

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、複合型

となりますが

漢方的、中医学的に

証(病態)として分類すると、

外感(風邪ウィルスなどによる頭痛)

脾虚、痰濁上擾(頭痛、回転性のめまい、メニエル、天気の悪い時に悪化)

肝風内動(頭痛、フラツキ、めまい、手足のふるえ)

臓腑の中寒(悪心嘔吐などを伴う)

瘀血(月経前など、生理周期によって変動)

などに分類されます。

どの証(病態)による頭痛かで、

使う漢方薬も違ってきます。

それぞれの証(病態)に対応する代表的な漢方薬をあげると

外感=葛根湯、桂枝湯

脾虚、痰濁上擾=半夏白朮天麻湯

肝風内動=釣藤散

臓腑の中寒=呉茱萸湯

瘀血=加味逍遥散

などです。

頭痛薬を慢性的に服用している方や、量が増えてしまっている方

頭痛薬を止めたいのになかなか止められない方

漢方薬を1つの選択肢に考えてみるのも

いいかもしれませんね(^^♪

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統