福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

冬場の肌の赤みほてりのご相談

こんにちは(^_-)-☆

小さい頃から

「冬場になると顔の赤みやほてりがひどくなる」

というご相談がありました。

離島にお住まいの方で、

初回は御来店頂きましたが、

その後は、お電話で状態を聞いて、

漢方薬を配送しています。

ほてりなど顔に熱感があるためか

肌が乾燥気味。

暖房が効いたところに入ると、

赤みほてり乾燥が更に悪化するそうです。

今まで、病院や薬局で

漢方薬を服用されたようですが、

あまり効果が無かったそうです。

顔は熱いのに、手足は冷えているという、

「上熱下冷」にあたり、

下半身の血流障害(瘀血)が慢性化することで、

下半身は冷え、

上半身は血流障害(瘀血)から、

皮膚の代謝不足により、

陰虚の虚熱が発生し、口の渇きや、顔のほてりなど

上熱の症候がみられる状態です。

上熱下冷に使用する漢方薬は

下半身の冷えを改善する、散寒剤

瘀血を改善する、活血剤

上半身の虚熱を改善する滋陰補血剤

の組み合わせの

温経湯です。

温経湯を1か月服用頂き、

赤み、ほてり、乾燥は気にならなくなったそうです。

冬場に悪化するという事は

空気の乾燥に加えて、

冷えにより、瘀血が進み上半身の虚熱が悪化するためと

思われます。

「冬場は手足は冷えるし肌は乾燥するし・・・」

とお悩みの女性は、

漢方薬で

身体の中からの改善をお勧めします(^^♪

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統