福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

口角炎の漢方相談

こんにちは(^_-)-☆

口角炎のご相談がありました。

口角炎とは唇の両端の口角が炎症している

状態を言います。

ご相談のお客様は、かなり重症で、

口角の炎症だけでなく、

唇のふちと、肌のさかいめの部分がぐるりと

全て真っ赤で、

皮膚の再生が間に合わないのか

ところどころ、薄皮がピリピリと

めくれていいます。

見ててもいたそう(>_<)

ヒリヒリ感や、熱感もあるそうです。

ひどくなって1か月以上が経過しているので、

病院を変えてみたが、いっこうに良くなる気配がないそうです。

病院から出ている薬は、

飲み薬は抗生物質で、

塗り薬はステロイド剤。

強い薬の為、

2週間使ったら、止めないといけないと

病院からは言われているそうです。

口角炎以外には、

胃もたれや、口の渇き、扁桃腺が腫れやすい

など、

胃陰虚の特徴的な症状がありますした。

胃陰虚とは、

胃粘膜の萎縮や全身的な脱水によるもので、

それが長期化することで、

咽喉や口が乾燥し、

皮膚粘膜のバリヤー機能が低下し、

細菌感染や炎症がおきやすくなり、

口角炎をひきおこしたと考えられます。

胃陰虚に対して、

気陰双補剤の麦門冬湯を服用頂きました。

2週間服用頂き、赤みや炎症ヒリヒリ感は

なくなり、皮もむけず、かなり良くなったそうです。

「そうです」というのは、

この時は、

ご本人じゃなくご主人が来られたので、

実際の状態は見ていません。

あの、ヒリヒリした痛そうな状態が

どこまで改善されたか、

見てみたかったのですが、残念です。(´・ω・`)

身体の陰虚という状態が、口の周りの炎症をおこし

漢方薬服用で、

陰虚の状態が改善されることで、

抗生物質やステロイドでも良くならなかった、

口の周りの炎症も改善されるというのは

面白いですね。

「漢方薬ってすごい。」

今更ながら思いました(*^-^*)

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統