福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

子宮筋腫と美白と漢方薬

こんにちは

先日来られたお客様が、

「漢方薬をのむと肌が白くなりますか?」

と言われた。

そのお客様は子宮筋腫のお悩みで、

漢方薬を服用いただいている。

子宮筋腫は

漢方では、

血液の流れが悪く、どろどろした状態である瘀血(おけつ)が原因と考えます。

瘀血になると、組織変性、組織増殖などがおこり

子宮筋腫以外にも、チョコレート膿腫、子宮内膜症の原因になります。

瘀血に対する処方は活血化瘀剤(かっけつかおざい)です。

そのお客様にも活血化瘀剤の代表処方

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

の煎じ薬を服用いただいてました。

服用から6ヶ月位で周りから色が白くなったと言われるようになり、

自分でも感じるようになったそうです。

瘀血は色素沈着やシミの原因になるので、

活血化瘀剤で美白になるのは

理にかなっているわけです。

美白を目的に処方したわけではありませんが、

漢方薬は、目的とした子宮だけに効くわけではなく

身体全体に効いてきますから、

時として思いがけず、意外なところが良くなったということがよくあります。

うれしい副産物ですね

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統