福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

梅雨時期の体調不良に漢方薬

こんにちは

九州は、今日梅雨入りしました

天気予報を見るとずーっと雨マーク

湿度が上がると
体調が悪くなる方も増えますね~

身体には多くの水分が含まれて
それが多すぎても少なすぎても
体調不良はおこります。

周りの湿度が上がると
身体の中の余分な水を外に排出しにくくなります。

梅雨時期はなんとなく
身体がだるくなったり
重くなったりするのはそのためです。

もともと体質的に問題なく、
周りの湿度など
お構いなしに余分な水分を排出できる方はいいのですが

そうでない方、

身体に水を溜めこみやすい方は
この時期体調不良がおこります。

◎消化管内に余分な湿がたまると、
消化酵素がうまく働かなくなり
消化不良や軟便がおこりやくくなります。

◎メニエル氏病なども湿により起こる
事が多いため、
梅雨の時期は悪化しやすいといえます。

◎またリウマチ、関節痛、神経痛なども
湿に伴い悪化します。

◎アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患も増えます。

一見まったく違った疾患のように
見えますが、
どれも身体に余分な水分がたっまた為に
悪化するものです。

こうやって見ると
梅雨時期は身体にとっていろんな悪さをしてくれるというのが
解ります。

身体の中に水を溜めこまないため
日常生活できをつけることは

冷たいものをとりすぎない。

身体を冷やさない。

運動して発汗作用を促す。

要は身体を温め
余分な水分を身体から排出するということです。

それって結構漢方薬は得意(^-^)p

余分な水分を取り除く漢方薬は

利水剤(りすいざい)
化湿剤(かしつ)

などです。

代表処方は

五苓散(ごれいさん)

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

五積散(ごしゃくさん)

服用にあたっては
医師、薬剤師にご相談くださいね。

 

漢方関連記事はこちら

メニエルの漢方相談

漢方肌荒れ相談

漢方肌荒れ相談②

漢方肌荒れ相談③

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統