福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

頭痛と生理不順のご相談

こんにちは(^_-)-☆

先日ご来店のお客様は

頭痛生理不順の漢方相談です。

生理不順といっても、ホルモン剤を使用しないと、無月経。

カウフマン療法(卵胞ホルモン、黄体ホルモン服用)で
生理をおこしている状態。
頭痛はかなりひどく、
ほぼ毎日、鎮痛剤を服用しているとのことです。
時系列で整理すると、
頭痛がひどくなり、鎮痛剤の量が増えてから、
生理不順になったようです。
ホルモン剤を
服用しているときは、頭痛がさらにひどく、

もっと強い、鎮痛剤を服用し、

身体がきつくてしょうがないそうです。

解熱鎮痛剤の常用は
排卵障害や、生理不順の原因になる事があります。

その生理不順の治療のホルモン剤の副作用に、

頭痛があるというのは、なんとも皮肉な話です。

まずは、頭痛の改善のための
漢方薬を服用いただき、
解熱鎮痛剤をへらす、もしくは止めることで
生理不順を回避し、ホルモン剤を服用しなくても良い状態に

しましょうと提案しました。

偏頭痛はリラックスする週末に起こる、週末偏頭痛です。
緊張が解けて、血流が良くなり、
血管が拡張し神経にあたって、痛みを発します。
光を浴びると、悪化
目の奥が痛むなどの特徴があります。

舌は青舌、白苔、厚苔

漢方薬は散寒、止痛のはたらきの呉茱萸湯

散寒、滋陰補血の温経湯を服用頂くことにしました。

解熱鎮痛剤は、痛みのあるときに一時的に使用するのは

良いと思いますが、

常用すると、思わぬ副作用でることもあります。

安易に継続して服用せず、

運動や生活改善などでなるべく服用せずにやり過ごすよう

工夫も大切ですね(*^-^*)

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統