福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

毒も使いようによっては薬に

こんにちは

先日、
実家から送ってもらった
青梅を使ってのジュース作りを
ブログに書きましたが、続きです
冷凍庫から梅を取り出し
保存瓶に氷砂糖とつけました。
梅、氷砂糖、梅、氷砂糖と

交互に入れていきます。
1びんに、
梅2キロの、氷砂糖2キロ
2瓶で8キロ
結構重いです↓↓
14.06.14.01
いったん凍らせてるので、
1時間くらいすると
結露が発生
きれいですよね~
涼やかなんですよね~
14.06.14.02

梅は

凍らせておけば、
1年くらいはもつので
真冬に冷凍庫から取り出して作ってもいいんですが、
真冬にこれ見たら、
さむ~((((( ̄_ ̄;)ですね・・・
青梅は毒性のあるアミグダリンという成分を含みますが梅酒にしたりジュースにすると
毒性はなくなり
疲労回復効果のあるクエン酸ができます。不思議ですね~。漢方薬に使う生薬で
炮附子があります。

もとはトリカブトという毒性のある植物ですが
高圧蒸気処理等をすることで

温めたり、痛みを改善する漢方薬の処方に使われます。

毒も使いようによって、薬になるということですね。

やはり

青梅は梅雨につけて
クエン酸で夏の疲れをのりきるというのが
いいですね(*^ワ^*)

瓶つけて、4日目の今朝の状態
 14.06.14.03

あと4~5日で出来上がりそうですv(=∩_∩=)

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統