福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

陰虚と口の中に出来る血豆

こんにちは(^_-)-☆

先日、夕飯のとき唐揚げを食べていた時、

咽喉の奥にちくりとした痛みが((+_+))

しまった、と思った時にはもう遅いんですね。

口の中に血豆が出来てしまっているのです。

以前からこういう事が年に2〜3回ありました。

口の中の粘膜にできた血豆はつぶれないうちは直径1・5センチ位かそれ以上に膨らむので

消毒した針で潰してしまいます。
中の血が出てしまえば、ピリピリした堪えがたい痛みはとれますが、

潰れたあとはびらんになり、

数日痛みが続きます。

最初は何か悪い病気なのかと思っていましたが、

口の中に血豆ができやすい人はいるようです。

以前は、唐揚げや、フライなど熱くて、さくさくしたもので、

血豆が出来ていましたが、

最近は、煎餅やスナック菓子を食べた時になることもあり、

厄介です。

もともと血豆ができやすかったうえに、

年齢とともに陰虚になりつつあることも原因かもしれません。

陰虚とは、陰液(津液、血、精)の不足をいいます。

肺陰虚になると、咽喉や、口の中が乾きやすくなり、ちよっとした

刺激で咳が出たり、むせやすくなります。

お年寄りが咳き込んで止まらなくなるのは、

肺陰虚の状態になっているからですね。

煮物やおひたしなど、しっとりしたものでは

絶対に血豆はできませんから

口腔内の潤い不足と血豆のできやすさは、

関係があるのかもしれません。

陰虚になると、他にも

肌の乾燥、目の乾燥や、口の乾燥

のぼせ、ほてりなどの症状が出ます。

どこもかしこも乾いてきちゃうって事ですね(-_-)

陰虚の改善には補陰剤の漢方薬です。

補陰剤の代表的な処方は六味丸です。

漢方薬を飲んで潤いを取り戻すさなくっちゃ!(^^)!

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統