福岡で漢方薬を探すなら漢方なごみ堂【福岡市南区の漢方薬局】

menu

漢方薬なごみ堂|福岡

降圧剤と認知症

こんにちは(^_-)-☆

先日、

70代のお父さん、お母さんの漢方相談

お嬢さんが来られました。
お父さんが最近、ちょっとした事で激昂したり、鬱気味になったり、
物忘れもするようになってきたそうです。
糖尿病高血圧をもっていらっしゃいます。

そして、お母さんも高血圧
物忘れが、お父さん以上にひどいそうです。
その事がお父さんの激昂の
原因のひとつになっており、

お父さんがお母さんを怒りとばして、いると(*´Д`)

お二人とも、病院から多種類の薬がでており、
降圧剤が何種類も出ています。
高血圧の方に降圧剤はもちろん必要ですが、

これだけの降圧剤を長期間服用すると、

認知症や物忘れや鬱傾向に影響

しているのではないかと感じます。

高齢化がすすむなか、
心身共に、健康で長生きするためには

出された薬を飲み続けるだけでなく、

運動や、食事の改善をする事で、

降圧剤をへらす、むやみに増やさないという、

努力が必要なのではないかと感じます。
お嬢さんはこの状態を改善したいと思ってますが

御高齢で頑固になってしまったお父さんは、

「生活を改めたほうが良い」

という

忠告を簡単には受け入れようとはてくれません。

そこで、漢方薬でなんとかならないか

と考え、ご来店頂いたようです。

漢方薬は、

平肝熄風、理気、解鬱作用

釣藤散を服用頂くことにしました。

釣藤散は高血圧動脈硬化に対しても使用し、

最近では認知症老人性の鬱に対しても使われます。

御高齢のご両親が、これからの人生を、

毎日のように、怒ったり、鬱になった状態で生活するのでは

悲しいですね。

漢方薬が、一助の光になって欲しいと願うばかりです。

関連記事

お問い合わせ・ご相談無料 0925548770

福岡市南区向野1-20-22
(高宮通り沿い南郵便局隣)

【 営業時間 】
平日 午前10時~午後7時
日祝 午前10時~午後5時
(第1・3・5水曜・毎週木曜日定休)

まずはご相談ください。 無料のカウンセリングから承ります。
《電車でお越しのお客様へ》
●西鉄高宮駅より徒歩9分
●西鉄大橋駅より徒歩8分

《バスでお越しのお客様へ》
野間四つ角でお降りください(徒歩3分)

天神方面から
● 明治通り朝日会館前 10乗り場
51・52番系統
● 大丸前 4C乗り場
61・151・152・161番系統

博多方面から
● 郵便局近くB・C乗り場
64・66・67番系統